テレフォンセックス初体験となる凛恵瑠ちゃんは、やや緊張はしていたものの、いざオナ指示が始まるとしっかり感じ始めてくれました。
「すごく・・変な・・気分・・です・」
「凛恵瑠のオマンコ、よだれが沢山出てるんだろ」
「はい・・び・しょ・・濡・・れ・で・・す」
「いやらしい女の子だ、いっぱい感じちゃって」
「あ・あ・・恥ずかしい・・」
「凛恵瑠のエッチの声で、勃起してるよ」
「い・や・ら・し・い・・です」
「オナニーの見せ合いは?」
「見せ・・るのは・・怖い・・です・・」
「それじゃ、見るのは言いかい?」
「は・・はい・・」
何せ初心者。
今回は彼女のではなく、センズリ鑑賞で相手を興奮させてやることにしました。
「えっちぃ・・・」
フル勃起のチンコを見せてやると、彼女の興奮がひたすら強まっていく。
エッチ声も、深く熱くなっていくのを感じました。
随分長い間、彼女と通話を繰り返して言ったような気がします。

 

 凛恵瑠ちゃんは、3回目の時オナニーの見せ合いに応じてくれました。
彼女のオマンコは、とても綺麗でした。
陰毛は恥骨の部分だけで、薄め。
色素沈着のないスベスベオマンコ。
「広げてみようか」
「は・・はい・・・」
彼女のオマンコの中の肉は、まさに美しいピンク色。
それを見て、僕は狂おしいくらいの興奮を始めてしまったのでした。

 

 僕の射精を見て、彼女もすごく納得してくれたようです。
凛恵瑠ちゃん「すごくエロいです・・・射精が・・」と、声を震わせながら言っていました。
「また見ながら、オマンコ触るかい?」
「は・・い・・・」
オナ友として、ラブラブなお付き合いが始まって行きました。

 

 緊急事態宣言で、確実に不満な女の子が多くなっています。
ハッピーメールやワクワクメールは、そんな女の子たちがこぞって集合してきている場所と言えるでしょう。
安全性が高い両方のアプリで、快楽を味わいたいと考えています。
アプリを使い続ければ、一体何人の女の子の裸を見たり、オナニーを見られるのか?
想像するだけでも、震えてしまいました。

おすすめ定番サイト登録無料

無料でオナ電する女子を探すなら!!